一般の電球と比べてどれくらい節電になるか

家電製品を購入するとき、エコ家電を選ぶかもしれません。同じタイプの製品よりどれくらい電気を使わずに使えるかなどがわかります。よく使う家電製品であれば、それを基準にして選ぶとかなり電気料金を節約できるでしょう。もし自宅で白熱電球を使っているなら、LED電球への交換を検討してみましょう。でも値段が大きく異なります。10倍どころではない値段設定もあります。60ワットの白熱電球を1日8時間1年間使い続けたとしたら、約5千円程度の電気料金がかかります。LED電球で同等の明るさが得られるタイプだと、1年間で500円程度しかかかりません。単純に見れば1年使えば十分元が取れます。しかもLEDは寿命が長いので、使えば使うほどどんどんお得と言えます。

同じLED電球でも価格差があるのはなぜか

白熱電球といえば、家電製品の中でも最も古いといえるかもしれません。非常に長く使われてきましたが、いよいよLED電球にとって代わる時代になりました。購入を検討する人もいるでしょうが、多くのメーカーの中から選ぶ必要があります。また、メーカーによってかなり価格差があります。千円以下のものもあれば、数千円するものもあります。どちらの方が良いかです。一応、高い方がそれだけ性能は良いといえます。白熱電球は単純な仕組みですが、LED電球はかなり精密な家電といえます。中に使われている部品が高性能であれば、その分価格が高くなります。消費電力もメーカーで異なります。高いものは安いものの半分の電力で同じ明るさを出します。電気代を考えるなら、高いものを選んだ方がいいかもしれません。

LEDライトパネルは、実に様々な使い方を選択することができ、多くの企業のビジネス戦略に用いられることもあります。

スポンサードリンク
LEDパネルが見つかる