部署間のやり取りがリアルタイムになる

従来の手書きによる製図に代わり、現代のスタンダードになっているCADはあらゆる面で効率的です。今回はそのポイントを紹介するので参考にしてみましょう。

まずは部署間のやり取りに関するメリットです。社内で図面を共有する場合、手書きの図面だと共有したいスタッフをわざわざ同じ空間に呼ぶ必要がありますよね。一方CADの場合はリアルタイムでデータを確認できるので、物理的距離があっても問題ありません。また、営業所が離れている場合でもサーバーを共有すれば同じようにリアルタイムで見ることが可能です。これにより開発部門などの業務効率が大幅に向上しますよ。

立体を確認しながら製図ができる

続いてのポイントは実際に製図する際の便利ポイントです。手書きの場合、図面を作成しながらその図面の立体を確認することは困難です。専門知識がなければわからない点も多く、手間がかかってしまいますよね。それに比べ、CADを導入した場合は立体を把握しながら図面を考察できるのでとても便利な方法ですよ。プレゼンや会議の資料としても使いやすくなります。

社内の図面管理が楽になる

そして図面を保管したり、昔の図面を確認する場合でも効率的です。データーによる管理なので、図面数が多くなっても問題ありません。また、過去の図面を確認する場合でも簡単に探すことができますよ。これは手書きの頃にはなかなか実現できなかったことです。

以上のように手書きの製図方法だけではなく、CADを導入することで利便性が大幅にアップします。CADの導入に悩んでいる場合は、ぜひ積極的に導入してみましょう。

電気CADとは電気設備設計に特化したCADソフトのことを言います。例えば、制御盤や配電盤の配置を決めたい時、画面上でクリックするだけで簡単に配置することができ、電気設備設計の工数を削減するができます。