酸洗いは何をするものなの

金属の溶接や熱処理などを施した金属製品の表面にはスケールや溶接焼けなどが生じます。これらのスケールや錆などを硫酸や塩酸などを用いて除去する作業のことが酸洗いです。チタンやステンレス、銅合金といった金属に行うことができますが、金属の種類ごとに使用する薬品の種類や濃度、時間などをそれぞれ設定する必要があります。間違えてしまと、酸洗いの効果が発揮できなかったり、表面が酸荒れを起こしてしまったりとトラブルの原因になりかねません。酸洗いは職人芸のような高い専門性と深い知識を要求する仕事なのです。また、酸洗いは薬品を使用する作業なうえ、有毒なガスが発生する場合もあり、安全対策が重要になります。酸洗いは、きちんと設備の整った専門の会社に依頼するようにしましょう。

酸洗いは何が目的なの

酸洗いを行う目的の一つは、金属表面の洗浄です。錆やスケールを取り除くことができるので、製品の美観を整えることができます。ステンレス製品などは酸洗いを施した後に納品となるケースもあり、外見が重視される場合に利用されます。表面を綺麗にできるので、研磨作業を省くことや、光沢を出すための前処置にも役立ちます。また、酸洗いはメッキ加工の下処理としても有効です。錆やスケールがあると密着不良を起こす可能性があります。酸洗いは表面を整える上に油分も取り除けるので、メッキや塗料がより密着しやすい状態に仕上げることができます。酸洗いは納品前の仕上げから加工の下準備まで、さまざまな場面で効果を発揮します。

酸洗いは錆や油汚れが付いた金属製品を酸性の薬品で洗浄する作業を指します。使用する薬品は人体に有害な物が多いので、マスクやゴム手袋などを使って健康被害を防ぐことが大切です。

塗装剥離を見つける
金属表面処理の記事