コンプレックスを治す前に

包茎は男性にとって大きなコンプレックスとなりがちです。しかし治療に踏切る前に1つだけ理解しておきたいことがあります。それは包茎は必ずしも病気とは限らないことです。包茎には病気であるものと病気ではないものの2つに大きく分けることが可能です。病気の包茎としては真性包茎やカントン包茎が挙げられます。これは病気なので治療しなければなりません。問題は病気ではない包茎です。代表的なものとしては仮性包茎がありますが、これは病気でも何でもなくて、むしろ正常な状態です。日本では仮性包茎はコンプレックスとして捉えられることが多いのですが、西洋では仮性包茎の人の方が多いくらいです。まずは自分の包茎が病気なのかそうでないのかを理解し、その上で治療するかどうかを決めることが大切です。

包茎を治療する2つの方法

包茎の治療法には2つあります。1つ目は泌尿器科での治療です。こちらは病院であるため病的な包茎しか治療することが出来ません。しかし保険適用となるため、治療費は格安です。病的な包茎である場合は泌尿器科で治療を受けるのが良いでしょう。もう1つの方法は専門のクリニックでも治療です。こちらは見た目を良くすることを目的としているため、仮性包茎のような病気ではない包茎でも治療が可能です。しかし保険は適用されないのでやや費用が高くなりがちです。ただ見た目は非常に美しくなるため、コンプレックスの解消を目的としているのであれば決して高い費用ではないでしょう。

男性のイチモツに皮がついている状態のことを包茎といいます。タイプとしては仮性、カントン、真性があります。日本人は仮性の割合が高いです。

真性包茎を検索