乳首の色を薄くするにはレーザー治療!

乳首の色が気になるという女性は少なからずいます。他の人よりも色が濃くないか、出産してから黒くなったのではないかとデリケートな部分なだけに一層気になるものです。こうした悩みを持つ女性たちに画期的な美容整形があります。それはレーザー治療です。レーザー治療を受ければ乳首の色を薄くしたり、ピンク色にすることができるのです。ただし、乳首の色を薄くするレーザー治療には種類があります。QスイッチYAGレーザーとピコレーザーの2つです。効果にそれほど違いはありませんが、前者の方が圧倒的に安価です。コストを抑えたい人はQスイッチYAGレーザーで受けましょう。

アフターケアが重要です!

施術を受けてピンク乳首を手にすることができてもそれで安心してはいけません。施術後は注意するべき点があります。それはアフターケアをしっかりとすることです。乳首というのは、もともと生理的色素沈着部位に分類されている箇所なので、メラニン色素が定着しやすいのです。そのため、レーザー治療によって一旦はピンク乳首になったとしてもアフターケアを疎かにしていると、再び黒ずみのある乳首に変化してしまいます。この傾向は生理前になるとホルモンの分泌が増加することによってより一層拍車がかかります。理想の乳首を手にした後は毎日保湿クリームあるいは保湿ジェルを乳首の部分に塗布しましょう。こうした保湿ケアをしていると、肌のターンオーバーが促進されて色素沈着が定着しにくくなり、いつまで経っても綺麗な色の乳首を維持することが可能になります。

処女膜の再生とは性行為や衝撃、激しい運動などにより破損してしまった処女膜を手術により再生させるものです。

処女膜の切開術を検索